月別アーカイブ: 2015年3月

心斎橋にて…その1

貴志です。

本年より月1回、引越し一括見積り・比較サイト引越しAじぇんとさんにコラムを連載させていただいています。

先日、その「引越しAじぇんと」を運営されている株式会社メガメディアコミュニケーションズさんへお邪魔してきました。

IMG_7127

大阪のメインストリート御堂筋沿い、心斎橋にオフィスを構えておられます。

IMG_7131

「アップルストア」の上で仕事をされているなんて、カッコよすぎます。

いろいろと今後の展開についてアドバイスをいただけて、大変有意義な時間でした。

有難うございました。

 

貴志 泰正

Pocket

懐かしの写真

根塚です。

懐かしい写真が出てきました。

image1

これは大学2年生の時の椅子製作の授業で、杉の枝の伐採の見学に行った時の写真です。

もう6年前?くらいです。懐かしいですね。

椅子の製作の授業は、杉をメインの材料として自身でデザインしたものを大学の木工機械にて製作するという内容です。難易度の高い授業でした。

どんな椅子を製作したかは後日発表するかもしれません。笑

根塚陽己

Pocket

「屋台骨」の製作が進んでいます。

貴志です。

先日、狩野新アトリエさんへ製作中の「屋台骨」を見にいってまいりました。

「屋台骨」の完成イメージはこちらです。

yatai-boneⅡ01

吉野杉の各パーツが形になってきていていました。

きれいな木目です。

どの部分かおわかりになるでしょうか?

15.03.29-02

15.03.29-03

15.03.29-04

4月4日(土)に完成お披露目会(兼お花見)を開催させていただくことが決定いたしました。

詳細は改めてお伝えいたしますので、お楽しみに。

 

貴志 泰正

 

狩野新アトリエのホームページ

屋台骨のホームページ

Pocket

模型材料

根塚です。

模型材料を買いに天王寺のhoopまで行ってました。

images

模型を作る際には基本的にスチレンボードを使って組み立てるのですが、

建材の種類は豊富なため、様々なものを模型の材料として使います。

最近の学生の設計課題でも多種多様な材料を模型に使っているので、学生作品の見学も中々勉強になりますね。

根塚陽己

Pocket

讃岐うどん、いただきました!!

貴志です。

本日もグルメブログをお届けします。

先日、「大和棟と大和塀のある古民家」にお邪魔したとき(3月9日のブログ参照)にお施主様からお土産をいただきました。

それが、この…

15.03.27-01

讃岐うどんです!!

生じょうゆと大根おろしでいただくのがオススメだそうで、専用のお醤油が付いていました。

15.03.27-02

いやあ、関西のうどんも美味しいですが、讃岐うどんはコシが違いますね!!

食べごたえがあって、とても美味しかったです。

おうどんのお刺身(?)とでも言えそうな贅沢な食感でありました。

素敵なお土産を有難うございました!!

 

貴志 泰正

 

本格手打うどん おか泉(せん)

Pocket

オススメチェア2 ~マシュマロチェア~

今回はマシュマロチェアの紹介です。

マシュマロチェアは1956年に「ジョージ・ネルソン」によってデザインされたデザイナーズチェアです。

既存のスツールの座面を利用することで低コスト化を図りましたが、脚部のデザインが複雑化することになり、結果として高コスト化しました。笑

sf3011_topsf3011_10_s sf3011_11_s

ポップなデザインではありますが、見た目とは裏腹に座り心地が良いです。

またカラーバリエーションも多彩で、インテリアに合わせることも可能です。

根塚陽己

Pocket

ブラックラーメン

根塚です。

全然関係ないですけど、連日富山ネタを投稿していますので今回も富山ネタでいきます。

富山といえば言わずと知れたB級グルメ「ブラックラーメン」で有名ですが、富山のラーメン屋のほとんどがブラックラーメンを提供しています。

そんなとき「どこ行けばいいの!?」という質問にあくまで個人的なオススメを持ってお応えします。

ひとつは先日の紹介でもありました、

大喜

もうひとつは

ぼんてん

です。

前者は元祖としてのオススメ。

後者は個人的な嗜好によるオススメです。車がないとアクセスが難しいかもしれませんが…

 

富山旅行の際は、富山湾の幸も良いですが、ブラックラーメンも良いですよ。

 

根塚陽己

Pocket

日本三大○○(高岡・富山観光記)

貴志です。

先日来お伝えしている偲ぶ会のあった21日(土)は富山県高岡市のホテルに泊まり、翌22日(日)は大阪に帰るまで束の間の高岡観光を楽しみました。(妻と息子も同行しておりました。)

 

まずは、日本三大仏(日本三大大仏?)の「高岡大仏」

奈良、鎌倉、高岡だそうです。(諸説あるようです。)

IMG_7004

IMG_7013

IMG_7009

IMG_7015

 

続きまして、日本三大水濠公園「高岡古城公園」。

こちらも正確な確認はとれませんでしたが、江戸城、弘前城、高岡城が築城時の堀が現存している貴重な例だそうです。

IMG_7016

高岡城は加賀藩二代藩主前田利長により築城されたもので、設計は高山右近が行ったそうです。

石垣も400年前に築かれたまま残っているそうです。

お濠めぐり遊覧船に乗船して水上から眺めてきました。

IMG_7017

IMG_7021

遊覧船の幟のイラストは高岡市の開町400周年記念マスコットキャラクターの「利長(としなが)くん」です。

 

午後から富山市の実家に帰っていた根塚くんと合流して、遅めのお昼ごはん。

富山らしいラーメンをということで、ブラックラーメンの元祖と言われている「大喜」の根塚店へ。

IMG_7049

残念ながら、根塚割引き(?)というシステムはないようで、通常の料金をお支払いしました。

IMG_7050

お味はとても美味しかったです。ほどよい塩辛さでゴハンが進みます。

ご馳走様でした。

腹ごしらえをして、一緒に車で大阪へ帰ってきました。

 

今回で富山へ行く用事は一段落してしまったのですが、まだまだ気になりながら見られていない名所がたくさんありますので、是非また訪れたいと思います。

 

貴志 泰正

Pocket

貴志雅樹教授偲ぶ会

根塚です。

若干、内容が一昨日と重複しますが、ご了承ください。

3月21日土曜日シンポジウムの後、貴志研究室+横山研究室で設計した木津の庄コミュニティセンターで偲ぶ会が開催されました。

総勢約70名が集まり、故人の思い出を語り合いました。

IMG_0719

当日の料理は約半分は学生が手作りし、もう半分は高岡市にある「あんしんごはん」にケータリングを手配しました。

また貴志雅樹教授はお酒を飲むと必ずと言っていいほどマカロニサラダとメロンパンを食べておりましたので、今回もしっかりと用意されています。

IMG_6961

IMG_6959

料理について解説する横山天心先生です。

IMG_0736

 

また大学時代の貴志雅樹教授の写真や(主に酔っぱらった)映像が流れる中、思い出を語り合いました。

IMG_6971

 

素敵な偲ぶ会でした。ありがとうございました。

根塚陽己

 

Pocket

富山大学 貴志雅樹教授 回顧展 特別シンポジウム

根塚です。

3月21日土曜日、富山大学にて貴志雅樹教授回顧展の特別シンポジウムが開催されました。

まずは富山県、そして富山大学から貴志雅樹教授へ感謝状の贈呈がありました。

IMG_0653

IMG_0661

シンポジウムでは建築家であり、教育者であった貴志雅樹教授が建築家あるいは教育者としての活動を通して、何を残したか浮き彫りにします。

まずは弊社の貴志泰正から貴志雅樹教授の大阪での実績や活動の紹介です。

IMG_0669

IMG_0678

貴志雅樹教授の昔の写真も登場しました。

IMG_0810

ぱんぱんです。笑

IMG_0802

こちらはキリッ!としていますね。

 

続きましてゲストである竹原義二氏より貴志雅樹教授と共に行ったという板書による授業の紹介です。

IMG_0692

板書の実物を持参していただきました。貴重な資料ですね。

 

続きまして、武山良三先生より金屋町楽市などの活動の紹介です。

IMG_0764奥様と踊ってらっしゃいます。

IMG_0765

こちらは女優である山口智子さんをお招きした際の記念写真だそうです。

ドラマ「ロングバケーション」が大好きな私としては羨まし過ぎます。

 

続きまして前田一樹先生より芸術文化学部設立の際のお話を伺いました。

IMG_0696

 

 

その後は富山での実績の紹介を横山天心先生からご紹介いただきました。

IMG_0699

 

 

その後、貴志研究室OB、OGを代表して私、在学生を代表して酒井克弥氏が登壇してディスカッションが行われました。

IMG_0739

シンポジウムでは貴志雅樹教授が言語を大事にしていたという話がありました。

デザイン対象にするものの背景や構造の言語化の重要性を説きながら、その言語に置き換えることができない豊かな空間の創出を目指すべき。と常日頃言われていたことが印象的です。

貴志雅樹教授の教育は自身の建築家としての確固たる建築論を持ちながら、決して持論を学生に押し付ける教育ではなく、各々の個性や興味を踏まえた上で、それに見合うであろう方向性をあくまで可能性のひとつとして提示しておられたように思います。

生前、貴志雅樹教授が私におっしゃってくださった「教育は人を残すことである。」という一言には多くの意味が凝縮されていたように思いました。

根塚陽己

 

Pocket