カテゴリー別アーカイブ: 変わった建物紹介シリーズ

「沸騰ワード10」建築業界特集 アート系幼稚園

 

貴志です。

建築業界の専門家として出演させていただいたバナナマンさんがメインを務める「業界×流行×ドキュメント」がテーマの業界リサーチバラエティー番組「沸騰ワード10が、私が住む関西でも放送されましたので、少しばかりその内容について書かせていただきます。

今回の放送で紹介された沸騰ワード”は次の4つ。

バンブー建築    

タニタ食堂のあるマンション

アート系幼稚園

味園ビル

この記事では、まだ触れられていなかったアート系幼稚園について書かせていただいて、このシリーズの区切りとさせていただきます。

 

さて、アート系幼稚園というネーミングですが、実は私自身にとっては聞きなれない言葉でした。

一般的に使われている言葉というよりは、今回の放送のために番組を制作されている方が考えられたネーミングかと思います。

芸術系の教育をする幼稚園かと誤解されそうな気もしますので、“デザイナーズ”といったフレーズに置きかえられるのかなとも思ったのですが、子供たちのアートな心を育む園舎という意味が込められているのかもしれません。

 

一方、VTRで紹介された園舎の設計を手がけられた幼児の城(株式会社日比野設計)さんについては、以前より存じ上げておりました。

弊社も幼稚園・保育園等の子供たちの施設の設計を現在進行形で手がけておりますので、設計事例集などもいくつか所有していまして、設計する際の参考にしています。

こどもたちの建築 building for children (弊社設計事例)

2015-11-12 20.04.33

「幼児の城」さんの設計事例は多くの本で見かけますし、近年特に数多く幼稚園舎・保育園舎を手がけておられる印象がありました。

今回、個人的に映像で園舎を観られて有難かったのは、作品集や事例集に掲載された写真ではわからない空間のつながりや広がりを感じることができたことです。

これまでの数多くの実績から蓄えられたノウハウが散りばめられており、大変勉強になりました。

有難うございました。

 

VTRのなかで調理室を子供たちが見られるようにすることで「食育」に力を入れておられた園舎がありましたが、弊社でも同様の事例がございますので、ご紹介させていただきます。

fujiminori01

東京都羽村市にある「富士みのり保育園」では、調理の様子を見られることや、4・5歳児用には専用のランチルームを設けるなど、成長に大切な「食」について興味を持ってもらうための試みに熱心に取り組んでおられます。

下の写真の右側の空間が調理室です。

fujiminori04

下の写真は、専用のランチルームです。

fujiminori05

また、この園舎では、「安全安心を徹底した見守り性が高い空間」として、2010年度のキッズデザイン賞を受賞しています。

fujiminori03

キッズデザイン賞のページ

富士みのり保育園の紹介ページ(弊社ホームページ)

 

幼稚園・保育園は、子供たちが初めて家の外で長い時間を過ごす場所です。

未来のある子供たちのために、安心で楽しく、ときに刺激的に過ごすことができる園舎を設計できるよう、取り組んでまいりたいと思います。

 

最後に、今回の放送で取り上げられた4つのテーマ(沸騰ワード)は、それぞれ興味深いものでした。

あまり専門家的なことはお話しできていませんでしたが、事前準備として関連する項目について調べたり、知識を整理するなど、大変貴重な機会になりました。

関係者の皆様、ご覧いただいた皆様に改めて御礼を申し上げます。

有難うございました。

 

貴志 泰正

Pocket

「沸騰ワード10」建築業界特集 タニタ食堂のあるマンション

 

貴志です。

建築業界の専門家として出演させていただいたバナナマンさんがメインを務める「業界×流行×ドキュメント」がテーマの業界リサーチバラエティー番組「沸騰ワード10」が、私が住む関西でも放送されましたので、少しばかりその内容について書かせていただきます。

今回の放送で紹介された“沸騰ワード”は次の4つ。

■バンブー建築

■タニタ食堂のあるマンション

■アート系幼稚園

■味園ビル

この記事では、昨日触れられなかったタニタ食堂のあるマンションについて書かせていただきます。

 

まず、タニタ食堂のあるマンションですが、大阪の千里(大阪府吹田市千里丘北)にあるとのことで、解説をするなら実際に見ておかなければと、休日のランチタイムに行ってきました。

運動や娯楽、宿泊、アウトドアなどを楽しめる多数の共用施設を有するひとつの街のような集合住宅群ザ・ミリカシティのなかに、このタニタ食堂は今年7月にオープンしたそうです。

案内板が出ていました。

2015-10-04 11.56.54

2015-10-04 11.57.59

敷地内を少し歩くと、ありました!タニタ食堂!!

2015-10-04 12.01.03

入口に日替わり・週替わりメニューの案内が出ていました。

2015-10-04 12.01.44

建物内に入り、食券を購入します。

会員価格(お住まいの方?)より50円アップだったかと思いますが、このマンションの住人でなくても立ち寄れるのは嬉しいですね。

2015-10-04 12.36.33

この日の日替わりメニューは、「鶏肉のなめこおろし煮定食」です!

2015-10-04 12.12.14

食堂内の様子を少しばかりご紹介。

2015-10-04 12.33.32

2015-10-04 12.33.37

2015-10-04 12.35.42

番組を収録するスタジオ内でも、実際に体験してきたことをお話ししたところ、「住んでいなくてもいけるんだ~!」と興味深く、聞いてくださいました。

お友達や親戚が遊びに来たときなんかに利用できるのはいいですね。

(※なぜそのあたりのやりとりがカットされていたかは、時間の都合もあるでしょうが、私が食い意地が張っているからだと思われます。ご興味がおありの方は直接お問い合わせくださいませ。)

 

そして、関連する事例としてスタジオでのやりとりのなかでご紹介させていただいた食堂付きアパート」(設計:仲建築設計スタジオですが、これについては事前の打合せの中で私の方からご提案した内容でしたので、採用していただけて大変嬉しかったです。

グッドデザイン賞の「食堂付きアパートの紹介ページ

雑誌でこの建築を知ったときに、ソフト面について今日的な見事な回答を出されていることに感銘を受けました。

私の力不足で、放送ではこの建築の魅力や価値を伝え切れていませんので、上記のリンクから詳細をお読みいただけましたら幸いです。

一方的に存じ上げていただけで、設計者の仲俊治氏とは面識はなかったのですが、今回畏れ多くもコメントさせていただいたことをお伝えしたところ、ご理解いただき、快く承諾してくださったことは大変有難いことでした。

心より感謝申し上げます。

 

少し長くなってしまいましたので、アート系幼稚園のお話は、また明日にでも。

 

貴志 泰正

Pocket

「沸騰ワード10」建築業界特集 バンブー建築×味園ビル!?

 

貴志です。

建築業界の専門家として出演させていただいたバナナマンさんがメインを務める「業界×流行×ドキュメント」がテーマの業界リサーチバラエティー番組「沸騰ワード10」が、私が住む関西でも放送されましたので、少しばかりその内容について書かせていただきます。

今回の放送で紹介された“沸騰ワード”は次の4つ。

■バンブー建築

■タニタ食堂のあるマンション

■アート系幼稚園

■味園ビル

残りの2つについては改めて触れさせていただくとしまして、この記事では、バンブー建築と味園ビルについて記します。

 

番組冒頭のVTRで紹介されていたバンブー建築は、「IBUKU(イブク)」という設計者と施工者の集団によってつくられたバリ島にある「Green School(グリーンスクール)」という学校です。

竹を構造体として建てられた3階建の建築は圧巻でしたね!!

残念ながら、日本の現行の法令では同様の建築を実現することは難しく、東日本大震災の際に宮城県気仙沼市に現地の竹を利用してつくられた集会所「竹の会所」は、期間限定の仮設建築物として申請が認められたそうです。

 

また、4つ目の沸騰ワードとして紹介された味園ビルは、番組でもお話ししたように、初代オーナーの志井銀次郎氏の設計で社内につくられた工作部が施工した建築だそうで、なかなか今の時代では同じようなプロセスでの建築は難しいのかもしれません。

この建築が持つ独特の混沌としたエネルギー溢れる不思議な魅力はそんなところから来ているような気がしています。

大阪らしい建築として、今後も愛され、守られていくことを願っています。

 

さて、上記の通り、現代の日本では実現が難しい2つの建築が番組内で奇跡の共演を果たしたわけですが、番組に先立つこと3年、なんと私の目の前でバンブー建築と味園ビルは初めてのコラボレーションを実現させていたのでした!!

それがこちら。

P1010696

日本的な最小規模のバンブー建築こと夏の風物詩、流しそうめん@大宴会場味園です。

(協力 : WNA 世界ながしそうめん協会

番組でもご紹介いただいた結婚披露パーティーにおいて、味園ビル大宴会場にて出席者に流しそうめんを振舞うパフォーマンスをさせていただきました。

P1010711

P1010704

P1010716

P1010728

P1010729

ちょうど参加者全員が素麺を食べたころ、恐れていたことが起こりました。

ジャバーン!!

P1010730

集合写真で手前に新聞紙があるのはそのためです。(味園さん、ごめんなさい。)

P1010832

番組もこの記事も、専門的な解説ではなく自分の話で終わらせてしまい、失礼いたしました。

 

貴志 泰正

Pocket

日吉台教会 ~変わった建物紹介シリーズ6~

変わった建物紹介シリーズと銘打っていますが、個人的にはいい建築だと思っています。

今回は毛綱モン太(当時の名前)設計の日吉台教会です。

日吉台教会は毛綱氏の2作目の作品であり、竣工年は確か1972年です。

キリスト教の教会建築ですが、なんといってもその特徴は機関車の形状をしていることにあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

普通に考えると、教会と機関車を組み合わせるな! となることですが、

この機関車形状は教会というプログラムとうまく合致しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

乗客が進行方向を向いて乗車するように、キリスト教信者が祭壇を向くという所作が同じです。(厳密にいうと、乗客は後ろ向きでもいいのですが…)

当時とインテリアは変わっているらしいのですが、いい感じにデザインしなおされていますのでこれはこれでいいですね。

一説には高松伸が「ARK」にて毛綱氏をパクったのではと言われています。(ちなみにARKは駅の隣にあります。)

ark

 

ARK:高松伸

詳しくは下記の著書をご参照。

「文象先生のころ 毛綱モンちゃんのころ 」渡辺豊和著

とは言いつつも毛綱氏の建築も今までのあらゆる建築のパロディによって構成されています。

上部ののこぎり屋根は磯崎新氏の旧大分県立図書館からです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

SONY DSC旧大分県立図書館、現:アートプラザ、磯崎新

 

その他、コルビュジエのラトゥーレットの開口部などいろいろな断片を引用し、統合させています。

いわば混沌とした建築ではありますが、機関車というフォルムにより統合されており、個人的には気に入った作品です。

根塚陽己

Pocket

にしわき経緯度地球科学館 ~変わった建物紹介シリーズ5~

お待たせしました、変わった建物紹介シリーズです。(←誰も待っていないでしょうか!?)

ついに!西脇市にある毛綱毅曠氏設計のにしわき経緯度地球科学館の紹介です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本のへそ(東経135、北緯35)である、西脇市にできた1992年に開館した展望施設です。

口径81cm反射望遠鏡を設置しており、日中でも星を見ることができます。

 

設計した毛綱氏はポストモダンの建築家として、建築学会賞を初めて受賞した経歴の持ち主です。

彼のペダンティックな言説は基本的に読み取るのが困難です。

というのもおおよそ出てくる話題は宇宙との交信や、大地が持っている歴史的なエネルギーなど非常に観念的なワードが多いためです。

機能とはかけ離れたところで建築の形態を生成しているため、言説や建築からすべてを理解することはおおよそ難しいのです。

ただ毛綱氏は様々なアノニマスな建築から近代の建築、あるいは神話の中の建築まで様々な知識を有しており、そのヴォキャブラリーを引用して建築を作り出しています。

わかるものもあるのですが、毛綱氏ほどの知識がなければやはり読み解けません。知識を試されているようにさえ思えます。

しかし、ただカタチを引用したわけではなく、建築における構成法まで引用したのが彼の建築です。

(引用というよりは抽出かもしれません。)

ただ彼は構成法をそのまま引用していません。「反構成」をもとにつくっています。

「反構成」とは・・・・ただ、単純に構成を否定するわけではなく、構成を元にそれに代わるものを用いることで構成自体を進化させる。(確か…)

そういった視点で正面アプローチからの経緯度地球科学館の写真をみると、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中心がずれています。

象徴的な建築の構成を使いながらぷよぷよの断面みたいなヴォリュームはそっぽを向いていることで象徴的でありながら象徴的じゃないという曖昧な状態となっています。

これを僕は「反象徴性」と呼んでいます。

「反象徴性」の手法は毛綱氏の規模の大きい建築ではほとんど使われています。

このように既に存在する構成を用いながら、その効果を無化させています。

今日はここまでにしておきましょう。また毛綱氏の建築を取り上げるかもしれません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

宇宙と建築の関係をずっと語っていた毛綱氏がこのような施設を設計できたのはさぞ嬉しかったのではないでしょうか。

根塚陽己

Pocket

古窯陶芸館 ~ 変わった建物紹介シリーズ4~

いくつか建築を見学したので小出しにして紹介します。

西脇市にある渡辺豊和氏設計の古窯陶芸館に行ってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

開発された住宅地の中にドーム形状の建物が姿を現します。

30年以上前に宅地開発中に古い土器などが発掘されたので、

そこを行政が買い取り、陶芸教室兼、発掘された土地そのものの展示をした施設を作ったそうです。

渡辺氏は行政側に模型を持って直談判して仕事を取ったそうです。(すごいな…)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平面形は古墳の形をしながら発掘された土地そのものを見せています。

古墳は権力者を祀るためのものでしたが、ここでは古墳という形状を用いながら土地そのものを祀っています。(たぶん)

またドーム形状という古典的なヴォキャブラリーを用いて斜面に合わせて作っています。

象徴的な方法を傾斜地に適応させることで非常に不思議な空間体験が生まれています。

発掘された土地以上に上部に目が行きましたが。笑

けっこうおすすめです。ぜひどうぞ。

根塚陽己

Pocket

味園ビル ~変わった建物紹介シリーズ3~

貴志です。

変わった建物評論家(?)の根塚くんに対抗してのシリーズ第3弾です。

本日ご紹介いたしますのは、大阪はミナミにあります「味園ビル」です。

2015-09-26 13.48.40

私にとっては心魅かれる大阪らしいエネルギーに溢れたレジャービルなのですが、「建築」として見たときにどのように評価されるものなのかは長らくわからずにおりました。

そんな私に勇気を与えてくれたのがこちら。

2015-10-03 13.33.46

建築史家の倉方俊輔氏の著書「ドコノモン」に味園ビルが取り上げられています。

「ドコノモン」とは「ドコモモ」(DOCOMOMO=Documentation and Conservation of buildings, sites and neighborhoods of the Modern Movement、モダン・ムーブメントにかかわる建物と環境形成の記録調査および保存のための国際組織)にちなんだパロディで、ドコモモには選ばれないような一風変わった魅力のある建築を評価しようという、大変面白い試みです。

2015-10-03 13.34.13

 

また、「月刊ビル」という雑誌でも味園ビルの特集号がありまして、こちらもついつい入手してしまいました。

15.01.22-04

15.01.22-01
これらの資料によりますと、建築年は1955年とのことですので、今年で築60年を迎えます。

設計はこのビルのオーナーでもあった志井銀次郎氏によるそうです

内部には500人収容の大広間を擁する宴会場「味園」、キャバレー「ユニバース」、地下にはダンスホールもあったそうです。

時代にあわせて何度か改装され、キャバレー「ユニバース」は場所を地下に移して営業を続けたものの2011年にその歴史に幕を閉じ、現在は貸しホールとして利用されています。

15.01.22-02

私自身は10年以上前に部活の先輩に連れられて「味園」デビューを果たした後、社会人になってから閉店前の「ユニバース」も一度だけ体験することが出来ました。

また、洞窟のような大浴場とサウナにも行ったことがありますが、残念ながら現在は閉鎖されているようです。

なんともいえない独特な混沌とした魅力をこの建築は持っているように思います。

 

ちなみに、私は2年半ほど前に友人を集めた結婚披露パーティーを催すに際し、貸しホールになっていた「ユニバース」を利用したいと考えたのですが、参加人数と賃料のバランスから断念し、宴会場「味園」で行いました。

畳の座敷での「流しそうめん」、大広間の舞台を利用しての「劇団“季四”大阪夏公演」(貴志にちなんでいます。)など、他のお店では許されないようなイベントを開催し、さすが「味園」という懐の深さを見せていただきました。

P1010696

292926_331000623656621_1219695844_n

P1010820

217728_429566520415386_1670026962_n

ちなみに、その後、味園から年に数回電話がかかってきまして、「また同じような宴会をやってください。」と

頼まれるのですが、結婚披露パーティーですから何度もやるのは問題です。

また、まわりの友人の結婚相手を見ていましても、私の家内のようにオシャレなカフェで二次会をやりたいと一言も言わなかったような女性は珍しいようです。

 

すみません、話が逸れました。

まだまだこのビルの魅力は語りつくせないのですが、最後に外観について。

大阪は南船場にあるオーガニックビルディング大阪(1993年竣工、ガエターノ・ペッシェ設計)の外壁が、「味園ビル」に似ているように感じてしまうのですが、真似をされたという可能性はあるのでしょうか?

どなたかご存じの方がおられましたら、是非ともお教えいただきたいです。

 

貴志 泰正

2015-10-04 15.05.09

2015-10-04 15.01.47

2015-09-26 13.49.37

Pocket

京都という文脈 ~変わった建物紹介シリーズ2~

昨日、京都に行っていました。

四条通りを一本裏手に行ったところは、いわゆる夜の街のようです。(昼に訪れましたが)

裏通りは表と違い、景観規制がないようですね。

おそらくバブル期にできたであろう表現的な建築がたくさんありました。

目的は、高松伸氏、若林広幸氏の建築の見学です。

その裏通りでも一際違う建築が両氏の建築です。

IMG_0452 IMG_0460IMG_0466 IMG_0472

 

京都という歴史的な場所でなんて様変わりな建築を・・・!

と思うかもしれませんが、これがモノとしてかっこいいんですよね。

また、古い建物とこのような表現的な建築が混在した通りは、非常にカオスな印象で楽しめました

おそらくですが、両氏は歴史的な文脈を無批判に踏襲することをせず、

あえて全く違う文脈のモノをつくることによって昔からある建物を際立たせたのではないでしょうか。

千本格子や町家の形状などの法的な制約を与えたところで

昔の建物が持っているような良さは出ないでしょう。

その良さは積み重ねた歴史によって得られるものだと僕は思っています。

自分が同じような仕事をした場合、このような作り方はしないでしょうが、、笑

非常に勉強になりました。

 

根塚陽己

Pocket

変わった建物紹介 その1 掛塚聖堂

根塚です。

今回は僕自身が好きな変わった建物(主にアノニマス系)を紹介していこうと思います。(頻繁は難しいですが笑)

栄えある1回目は「掛塚聖堂」を紹介します。

日本の最西端、長崎県五島列島福江市のはずれにかつてあった建築である。使命感にかられたとある老人の建築したものであるため、その名をとって掛塚聖堂と呼ばれた観音堂なのである。

kakezuka_seido

写真:藤塚光政氏

昭和22年、当時49歳の大工・掛塚留吉にとって決定的な出会いが訪れた。九州各地に88か所霊場を建立せんとする仙人・古賀観清に、彼は、観音堂を1つ建てることを依頼された。場所は、熊本の秘境・五家荘。そこにはすでに、仙人の作った夢見観音像が野ざらしのまま置かれていた。その観音像を見たときに、掛塚は霊縁を感じ、観音堂建立を自らの仕事と確信した。

以来、掛塚はこの人里離れた五家荘に幾度も足を運び、御堂を建立しはじめる。が、台風による倒壊や、村人に観音様のご利益がないとみなされたことなどにより、夢見観音像は五家荘を追い出されることになった。掛塚は、自分の故郷である五島列島に観音像を持ち帰り、御堂の建立を再開することにした。

 

kakezuka_yumemi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掛塚聖堂の観音像。御堂の崩壊とともに、この像は瓦礫の下に埋まってしまった。写真=長崎県福江市役所。

山奥の五家荘から離島まで、彼の、一人ぼっちの運搬がはじまった。港までほぼ60キロの行程を、引き下ろすのに8か月はかかる。観音像を特製の大八車にのせて、雑草、かん木をなぎ倒しての難作業であった。

そして古賀仙人と出会ってから10年目にして、ようやく本格的な建築段階に入った。もはや、この時点で、彼の塊は、執念に懸かれていたのだ。全財産をなげうって土地を購人、築材を集め着工しはじめるが、3年後、完成を目前にして、五島列島を襲った集虫豪雨のため、観音堂は大破する。

挫折から再起へ。今度は木製ではなくコンクリートで造りはじめた。すでに鉄筋を買う余裕もなく、クズ鉄や針金を何重にもたばねて芯にする作業の日々……。生活は貧窮をきわめ、近くの病院の善意にすがって食事をし、住むのも観音像の脇に建てたトタン小屋住まい。そのころの彼の精神状態はいかばがりだったろう。

kakezuka_tomekichi

故掛塚留吉老人。写真=藤塚光政氏。

そして昭和60年の秋、列島を直撃した台風により、再度、御堂は崩壊。それでも90歳近くなった老人は、建築をやめなかった。瓦礫の山の上で、ひとり、鼻をすすりあげ、小便をもらしながら石塊を引きずる姿は、まさに鬼気迫るものがあったという。すでに、観音像は瓦礫の下に埋まり、どこにあるかもしれない状態であるのに。

現在、その掛塚老人の姿を瓦礫の上に見ることはない。彼はその後、衰弱し亡くなったということである。そして、その壮絶な人生を受け継ぐ者もなく、御堂は放置されたままとなっている。

この悲話にもまた、建築がみずから浄土空間と化そうとしたという、不思議な意思のようなものを感じることができないだろうか。

文は下記サイトより引用させていただいています。

http://narajin.net/2008/04/post-176.php

 

そしてこの話しには後日談があるそうです。

掛塚さんが亡くなってから建築物を片付けていた大工の方と僧侶がたまたま知り合い。瓦礫の下に埋まって行方不明になっていた観音像を夢のお告げを受けて見つけ出されたそうです。今はその僧侶の方が引き取り、大事に祀っているそうです。

今はこの建物は存在していません。

このエピソードを知り、僕は言いようのない感動を覚えました。今、現代に残っている宗教建築も我々には到底信じられないような過程を経て生まれて来たのでしょう。かつての職人が心血を注ぎ生まれることで形容しがたい魅力を勝ち得たのではないでしょうか。歴史の重層性を現代で生きる我々が感じられることに感謝です。

Pocket