大人の工作(夏休み編)「野球盤」

お盆休み中に以前から息子(5歳)と約束していた「野球盤」を作りました。

土と芝の材料は甲子園を参考にして、息子と一緒に画材屋さんで購入。

制作過程でCADを使うなど、つい本気になってしまった38歳です。

完成したのがこちら。

息子が左利きなこともあり、現人神ことランディ・バース選手と同じ左打席にバットを設置しました。(※ちなみにバース先生は右投左打)

ビー玉を使ってなかなか楽しく遊べるのですが、市販されている野球盤より大きくしようと張り合ったばかりに50cm角のサイズになり、置き場所に困っています。

 

貴志 泰正

Pocket

建築家住宅展@サンワカンパニーショールーム 出展のお知らせ

5月18日(土)、19日(日)の2日間、サンワカンパニー 大阪ショールーム(グランフロント大阪 北館5階)にて開催されます㈱アーキソシエイツ主催の建築家住宅展に出展します。

同時に無料相談会も行っています。

新築だけでなく、リフォーム・改修のご相談もお待ちしております。

 

開催日時   2019年5月18日(土) 10:00 〜 18:00 ・ 5月19日(日) 10:00 〜 18:00

開催場所   サンワカンパニー 大阪ショールーム(グランフロント大阪 北館5階)

 

また、弊社代表の貴志泰正が家づくりをお考えの方に向けてお話しさせていただきます。

建築家との家づくりのお話(セミナー) 「住まう人の個性が活きる家づくり」

5月19日(日)14:00〜14:45<参加無料>
講師:貴志泰正(株式会社貴志環境企画室)

 

お気軽にご来場いただけましたら幸いです。

 

株式会社 貴志環境企画室

 

(リンク)

https://www.kenchikuka.net/event/190518/

Pocket

リフォーム・建築相談会@高島屋京都店 に参加します。

4月19日(金)・20日(土)・21日(日)の3日間、高島屋京都店にて開催されます高島屋スペースクリエイツ株式会社・株式会社アーキソシエイツ共催のリフォーム・建築相談会に参加いたします。

リフォームを中心に、これまでの設計事例を展示させていただいております。

入場は無料ですので、お気軽にご来場いただけましたら幸いです。

 

開催日時   2019年4月19日(金)・20日(土)・21日(日)10:00 〜 20:00

開催場所   高島屋京都店(7階 催会場)

 

株式会社 貴志環境企画室

Pocket

新年度・ゆり組

新年度。

息子が年長組に進級し、今日は幼稚園の始業式です。

「ばら組」から「ゆり組」になり、帽子の色も赤から緑に。

息子は私が通った幼稚園に通っているのですが、私も32年前に同じ「ゆり組」でした。

来年は小学生かと思うと、少し寂しくもあります。

今年、一緒に通園する時間を大切にしたいと思います。

 

貴志 泰正

Pocket

リフォーム・建築相談会@高島屋大阪店 に参加します。

1月17日(木)~21日(月)の5日間、高島屋大阪店にて開催されます高島屋スペースクリエイツ株式会社・株式会社アーキソシエイツ共催のリフォーム・建築相談会に参加いたします。

リフォームを中心に、これまでの設計事例を展示させていただいております。

入場は無料ですので、お気軽にご来場いただけましたら幸いです。

 

開催日時   2019年1月17日(木)~21日(月)10:00 〜 20:00

〔18日(金)・19日(土)は20:30まで・21日(月)は18:00まで〕

開催場所   高島屋大阪店(7階 催会場)

 

株式会社 貴志環境企画室

Pocket

建築家住宅展@芦屋市民センター 出展のお知らせ

1月12日(土)、13日(日)、14日(月、祝)の3日間、芦屋市民センター(3階・多目的ホール)にて開催されます㈱アーキソシエイツ主催の建築家住宅展に出展します。

同時に無料相談会も行っていますので、お気軽にご来場いただけましたら幸いです。

 

開催日時   2019年1月12日(土) 11:00 〜 17:00

1月13日(日) 10:00 〜 17:00

1月14日(月、祝) 10:00 〜 16:00

開催場所   芦屋市民センター(3階・多目的ホール)

 

株式会社 貴志環境企画室

Pocket

2019年も宜しくお願いします

本日7日(月)より通常通り営業しております。

本日着工した現場をはじめ、今年は設計を進めてきました住宅がいくつか完成する年になりそうです。

よい建築ができるよう励みますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

株式会社 貴志環境企画室

Pocket

住宅無料相談会@ジュンク堂書店 大阪本店

日本建築家協会・ジュンク堂書店 共催の住宅無料相談会が下記のとおり開催されます。

弊社代表の貴志泰正は下記の時間帯に担当させていただきます。
お気軽にご相談いただけましたら幸いです。

■日時:2018年11月25日(日)15:30~18:00
■場所:ジュンク堂書店大阪本店(堂島アバンザ)

「住宅無料相談会」開催

 

株式会社 貴志環境企画室

Pocket

七五三

昨日は息子の「七五三」のお詣りに五條宮さん(大阪市天王寺区)へ行ってきました。

金屏風の前でご機嫌でした!

元気に素直に成長してくれることを願っています。

 

貴志 泰正

Pocket

「作品」

「作品」という言葉があります。

建築家にとっては自身が設計した建築を指す言葉なのでしょうが、自邸などの自身が所有する建築でないかぎりは、その建築の所有者は建築家とは異なる他者(依頼者)です。

依頼者が費用を投じ、施工者によってつくられた建築を建築家自身の「作品」と呼んでよいものかは意見の分かれるところです。

私も自身が設計したものを「作品」と呼ぶことを気恥ずかしく、また、おこがましく感じ、この言葉をあまり使わないようにしている気がします。

(「建築家」という言葉も同様です。)

とは言いながら、代用できる言葉があまりないからか、「作品展」や「作品集」といった言葉は無意識に使ってしまっているような矛盾も感じています。

 

さて、なぜこのようなことを考えたかと申しますと、きっかけは私事でして…。

妻が幼稚園に息子(5歳)を迎えにいくと珍しく泣きだしそうな顔で抱きつかれたそうで、制作した「作品」が壊れてしまったのが原因だったようです。

私がその話を聞いて感じたのは、息子の「作品」に対する思い入れの強さです。

建築家・設計者が自身が設計した建築を「作品」と呼ぶかどうかは別としまして、「建築は他者のものであるという謙虚さ」「建築は自身の表現の成果であるという強い思い」の両方を合わせ持つことが大切なのかなと教えられた気がします。

 

貴志 泰正

Pocket