月別アーカイブ: 2015年7月

久々の「屋台骨」

貴志です。

久々に「屋台骨」の話題を。

ありがたいことにお誘いをいただきまして、8月末に大阪府吹田市で久々にお披露目する予定です。

その情報はまた改めて発信させていただくとしまして、保管状態が心配になり久々にロクロクソウ(66番倉庫)へ「屋台骨」の確認に行ってきました。

やや緊張して扉をあけましたところ…

2015-07-30 14.30.54

無事でした。

2015-07-30 14.31.06

2015-07-30 14.31.16

木目もきれいです。

いやあ、ホッとしました。

一応換気口はあるのですが、たまには扉をあけて空気を通してやるほうがよいのでしょうか。

お詳しい方、是非アドバイスをお願いします。

 

貴志 泰正

 

「屋台骨」のホームページ

Pocket

エアコン

最近は夜も暑いですね。非常に寝苦しい夜を過ごされているのではないでしょうか。

電気代のことを思うとエアコンの電気代をケチケチしたくなりますよね。

電源を細目に入り切りしていると実は、より電気代がかかると知っていましたか?

エアコンは室内を設定温度へと近づけるために起動時にもっともパワーを必要とします。

その後の維持は、意外とパワーが必要ないので頻繁に電源の入りきりをするよりは、かえってつけっぱなしにした方が安くつくそうです。

根塚陽己

 

Pocket

風鈴

暑くなってきましたね。

家ではなるべく冷房を使わずに風を通して涼みたいと思っています。

ですので風鈴が欲しいなーと考えています。

10121_Home_Casting-Surface

(http://www.nousaku.co.jp/main/101210_home_casting-surface/)より引用

これは株式会社能作の商品です。本社が富山県高岡市にあります。

他にもさまざまな商品があるので気になる方は覗いてみてください。

根塚陽己

 

Pocket

無料ライブ!?

貴志です。

昨日25日と本日26日は、長居公園(大阪市東住吉区)内にあるヤンマースタジアム長居にて、「Mr.Children STADIUM TOUR 2015」が行われ、私が住む長居の町へ多くの方が来られていました。

日中、打合せのために外出した私はライブへ向かう人とは逆方向への移動でしたので難を逃れましたが、電車は超満員だったそうです。

 

20時を過ぎて、アンコールの時間帯でしょうか。

マンションの階段からスタジアムの方を見るとライブが盛り上がっている様子が伝わってきました。

音もわりとよく聴こえまして、少しの間、無料ライブ(?)を楽しませていただきました。

残念ながら、我が家からはスクリーンの背中が見えているのですが、スタジアムの反対側に住む人のお家からはスクリーンの映像が見られるのかもしれません。

2015-07-26 20.14.14

2015-07-26 20.18.47

ちなみに、スタジアムの奥に見えるのは「あべのハルカス」です。

 

貴志 泰正

Pocket

サービスエリアのトイレにて

貴志です。

先日、古民家の調査・見学のため富山県へ行ったのですが、帰り道に立ち寄った高速道路のサービスエリアのトイレで面白いものを見つけました。

トイレ内の写真ですみません。

2015-06-09 20.20.57

小便器の上に手洗器がついています。

2015-06-09 20.21.06

説明を読んでみますと、この製品は「エコ小便器」というらしく、手洗いの水をそのまま小便器洗浄に再利用することで、節水することができるそうです。

NEXCO西日本とTOTOのコラボ製品のようです。

 

貴志 泰正

Pocket

六三園

20日の海の日、父の納骨へ行った帰りに墓所の近くにある「がんこ和歌山六三園」で若院さんと同行した家族で昼食をいただきました。

「がんこ」はいくつか「お屋敷」を店舗として利用していまして、事務所の近所では平野区に「平野郷屋敷」というお店を出されています。(外から立派な門構えを眺めるだけで、まだ訪れたことはありません。)

六三園という名前の由来ですが、和歌山出身で大正から昭和初期にかけて大阪で活躍した松井伊助という人が自身の六十三歳の祝いに建てた屋敷だそうです。

この松井伊助という人は巨万の富を築いた相場師だそうで、6と3はオイチョカブの「株(9)」で縁起がいいという理由もあったのだとか。

 

さて、この六三園へは以前に一度入ろうとした際には待ち時間が長くてあきらめたため、今回が初めてでした。

予約の電話を入れたときにはすでに個室の席は満席でして、掘りごたつの席を準備してもらいました。

お店の方が電話で「窓が少ないので庭が見えないお席ですが、よろしいですか?」とおっしゃっていたのですが、行ってみて納得、土蔵を改装して客席として利用されていたのでした。

2015-07-20 13.53.09

分厚い壁です。

敷地内の他の建物とともに、この蔵も登録有形文化財の認定を受けているそうです。

2015-07-20 13.22.18

内部は2層になっており、居心地のいい空間でした。

もちろん御料理も美味しくいただきましたよ、念のため。

 

ところで、このお屋敷の玄関の手前には来客を送り迎えしてくれるライオンがいました。

2015-07-20 14.39.28

説明のしおりを読んでみますと、「大阪の難波橋のたもとにある4頭の兄弟と言われている」とのことでした。

2015-07-22 11.59.40

写真は難波橋の南側の北浜の交差点です。

画像が粗くて申し訳ないですが、拡大してみました。

2015-07-22 12.00.00

うん、確かに似ています。

少しインターネットで調べてみますと、「難波橋のライオンが大好きで自宅の庭に同じものを飾った」説や「5体作り、4体を大阪市に寄贈した」説など諸説あるそうです。

いずれにせよ、可愛げのある人だなと思ってしまいました。

ちなみに、私はライオンよりも虎が好きです。

 

貴志 泰正

Pocket

伊賀上野城

先日、伊賀上野城に行ってきました。

 

securedownloadsecuredownload (1)

もともとは安土桃山時代のお城ですが、昭和初期に再建されたようです。

立派な構造材によって作られており、圧巻でしたが内部の写真は撮り忘れました。笑

根塚陽己

Pocket

納骨

貴志泰正です。

昨日、7月20日の海の日に、1月に亡くなりました父貴志雅樹の納骨へ行ってまいりました。

墓所は和歌山県和歌山市にある市営の今福共同墓地というところです。

葬儀を行った大阪府堺市の願正寺から若院さんに来ていただき、お経をあげていただきました。

暑いなか遠方まで有難うございました。

2015-07-20 12.42.50

父に安心して見守ってもらえるよう、頑張ってまいりたいと思います。

写真は納骨を終えた後の和歌山の青い空です。

 

貴志 泰正

Pocket

幼稚園の夏祭り

貴志です。

昨日18日は、息子が通う保育園に併設されている幼稚園(私もOBです)の夏祭りでした。

案内をいただいたので、妻と息子の3人で行ってきました。

写真を撮りそこねましたが、おみこしが幼稚園のまわりを一周して夏祭りが始まりました。

園庭にはお店が出ていましたので、1歳児クラスに通う息子にはまだ難しいかなと思いつつ、雰囲気を楽しめたらなあといろいろチャレンジしてみました。

 

まずは、「うちわ作り」。

シールとマーカーで模様や絵を描きました。

2015-07-18 17.06.43-2

 

 

続いて、「ヨーヨーつり」。

妻が大人気なくつりまくっていましたが、持って帰れるのは1つということで、息子は最近気になっているらしいパトカーのヨーヨーを選んでいました。

2015-07-18 17.18.39

 

お次は、「スーパーボールすくい」。

私も大人気なくたくさんすくうつもりが、意外と早く紙が破れてしまいました。

2015-07-18 17.59.48

 

息子が自分で楽しむには少し早かったようですが、非日常の雰囲気だけでも楽しんでくれていたら嬉しいです。

来年は何かできるようになっているのかなあ…。

 

貴志 泰正

Pocket

内藤廣氏講演会

貴志です。

昨日17日、グランフロント大阪へ建築レクチュアシリーズ217を聴きにいってまいりました。

今回のゲストは内藤廣氏でした。(写真がまずくて、すみません。)

2015-07-17 18.33.23

内藤廣氏の建築や文章が好きな私にとっては序盤は既に知っているエピソードも多かったのですが、後半に進むにしたがって興味深いお話を聴くことができました。

いくつか印象に残ったものをご紹介します。

■自然とうまくかかわる建築をつくるには、夏に設計をしていても冬のことをイメージするなど、想像力を働かせることが大切である。

■閉じられた境界のなかで行われたシミュレーションによる、畏敬の念を持たない数字は疑うべきである。

■3.11以降、「人の居場所」をつくるということを考えている。

■同時代の建築に関わる人たちがどういったものをつくったかを残したい。

 

最後にこのレクチュアシリーズの恒例らしい「建築家とはどんな職業ですか?」という質問に対して、以下のように答えておられました。

建築家は(業態は矛盾だらけだが)経済・法律・人の心理などが交わる交差点を見られる、(本来)人の暮らしの隣にある面白い仕事だ。

 

少なからず私もそのような部分に面白さを感じ、この仕事を続けている気がします。

そして、人の暮らしの隣に存在するため、独りよがりにならずに、何が今の時代において人の役に立てるのかを考えていきたいと思います。

 

貴志 泰正

Pocket